トップページ スタッフ&ストーリー ライブラリー プロダクツ スペシャル
 
エウーゴ ティターンズ 地球連邦 その他
モビルスーツ
名前:クワトロ・バジーナ
   (QUATTRO VAGEENA)
所属・身分:エゥーゴ・大尉
人物紹介:
エゥーゴのエースパイロット。モビルスーツ“リック・ディアス”や“百式”など新鋭機を巧みに操り、判断は常に沈着冷静。指導的な素養を持った男だ。実はかつて「赤い彗星」と名を轟かせたシャア・アズナブルの仮の姿である。一年戦争をきっかけに、地球連邦政府のスペースノイドへの弾圧が強化された。シャアは、エリート組織ティターンズの台頭を抑え、重力に魂をひかれた人々の専横を正すべく、再び地球圏へと戻ってきたのだ。
名前:カミーユ・ビダン
   (KAMILLE BIDAN)
性別:男
所属・身分:民間人→エゥーゴ
人物紹介:
女性のような名前にコンプレックスを持つ少年。ナイーブな反面、感情の起伏が激しい側面を持ち合わせている。グリーン・ノアのハイスクールに通い、ホモアビスやジュニアモビルスーツの大会で優勝経験がある。ティターンズのジェリド・メサ中尉の侮蔑に殴打事件をおこしたことをきっかけに、ガンダムMk-IIを奪ってエゥーゴに参加してしまう。もともと自分を放置した両親に不満を抱いていたが、眼前で両親の死を目撃したことから戦いに身を投じるようになる。ジャブロー制圧を目的とする作戦から本格的に参戦せざるを得ず、以後、アムロ・レイたち、元ホワイトベースのクルーたちとめぐりあう。
名前:エマ・シーン
   (EMMA SHEEN)
性別:女
所属・身分:ティターンズ→エゥーゴ・中尉
人物紹介:
もとはティターンズのパイロットだったが、バスク・オム大佐の親書をアーガマに持参したことで、ティターンズの非人道的行為を知らされ、毒ガスを使った虐殺事件を知るに及んでエゥーゴへの参加を決意した。ジャブロー制圧作戦からリック・ディアスに乗り込むのも、志の高い両親のもとで育ち、自立を目指すからだ。地球生まれの日系人である。
名前:レコア・ロンド
   (RECCOA LONDE)
性別:女
所属・身分:エゥーゴ・少尉
人物紹介:
エゥーゴのメンバーで、危地を好むように振る舞うのも戦災のトラウマによるものらしい。情報収集活動には率先して行動する。ジャブロー制圧作戦に先だって、本隊に先行して単独で地球に降下したが、ジャーナリストのカイ・シデンともども投獄されてしまう。アーガマでは、カミーユやティターンズからエゥーゴに参加したエマなど、新規参加者の世話を率先するなど、面倒見の良いところをもつ。
名前:ブライト・ノア
   (BRIGHT NOA)
性別:男
所属・身分:地球連邦軍・中佐→エゥーゴ・大佐
人物紹介:
一年戦争でホワイトベースの艦長を務めたベテラン軍人。戦後は軍に残ったものの、シャトル“テンプテーション”のキャプテンという閑職に追いやられていた。エゥーゴによるガンダムMk-II強奪事件後、ティターンズの将校と反目し、グリーン・ノアの難民を保護してテンプテーションで漂流中を救助されてエゥーゴに参加する。ヘンケンからアーガマの艦長職を引き継ぐ。妻は地球在住のミライ・ノア。
名前:ブレックス・フォーラ
   (BLEX FORER)
性別:男
所属・身分:地球連邦軍(エゥーゴ)・准将
人物紹介:
ティターンズの専横を抑えるため、エゥーゴを創設したメンバーの一人で、指導者的立場にある。地球連邦政府とスペースノイドとの確執を治める根本的な解決には、スペースノイドの人権に関して連邦政府側の意識改革が必要だと考えている。
名前:ヘンケン・ベッケナー
   (HENKEN BEKKENER)
性別:男
所属・身分:エゥーゴ・中佐
人物紹介:
エゥーゴの中核メンバーの一人。宇宙戦艦アーガマの初代艦長をつとめていた。ブライトにアーガマを任せてからは戦艦ラーディッシュの艦長に就任する。一年戦争時には、地球連邦軍で宇宙輸送艦スルガに搭乗していた。
名前:アポリー
   (APOLLY)
性別:男
所属・身分:エゥーゴ・中尉
人物紹介:
クワトロ大尉の部下で、エゥーゴのベテランパイロット。リック・ディアスに乗り、ロベルトとともに作戦に参加することが多い。

名前:ロベルト
   (ROBERT)
性別:男
所属・身分:エゥーゴ・中尉
人物紹介:
クワトロの部下。エゥーゴのベテランパイロットで、クワトロ機、アポリー機とともに編隊行動を行うことが多い。

名前:アストナージ・メドッソ
   (ASTONAIGE MEDOZ)
性別:男
所属・身分:エゥーゴ・曹長
      メカニックマン・キャプテン
人物紹介:
アーガマのモビルスーツ、武器を整備するメカニックマンのチーフ。作戦を陰から支えるほか、パイロットのメンタル面にも気を遣う多才の人。